福岡の税理士はさかもと税理士事務所(税務・会計・確定申告・節税等)

〒819-0002
福岡市西区姪の浜4-22-50 クレインタートル弐番館801
地下鉄姪浜駅から徒歩2分のさかもと税理士事務所です。


トップページ さかもと税理士事務所について ご契約方法 料金表 よくある質問 お客様の声 お問い合わせ

企業組織再編税制-その3 - 税理士Web講座

»2010年9月21日 (火)

企業組織再編成の手法
(2)株式の交換
 事業の拡大や再編を目的として他の企業を買収しようとする場合は、通常、被買収企業の株式を買い取るための資金が必要となります。しかし、この「株式の交換」を使えば、自社の株式と被買収会社の株式とを「交換」することで、目的とする会社を自己の支配下に置くことができるというわけです。

 たとえばA社(株主a)がB社(株主b)を自己の支配下に置きたいとします。この場合A社は株主bからB社株式を先ず、譲ってもらい、B社をA社の配下に置きます。次に、株主bに対してはA社株式をB社株式の対価として与えることでこの株式交換のスキームは完成します。

 この株式交換について、税務は原則として「所有している株式を売却していったん現金を受取り、その現金で新たな株式を購入した」と考えますから、株式交換に応じた株主には株式売却益に対する課税がなされることになります。

 しかしながら、実際には金銭を伴わない株式交換について株主に課税するのは担税力の面で問題があり、また、株式交換制度そのものの発展を阻害するとの考えから一定の要件を満たす「適格株式交換」については売却益課税が行われないことになっています。

 この「適格株式交換」の要件については、後で述べることとします。

もっと詳しくお知りになりたい時は・・・福岡の税理士・坂本税理士事務所へお問合せ下さい。

税務・会計のことならおまかせ下さい!初回無料相談実施中!先ずは、お問合せ下さい!

お問合せ・ご質問は初回無料相談でお気軽に ※税務や会計に関する一般的なご質問でも結構です

さかもと税理士事務所 対応エリア一覧

福岡市早良区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市中央区、福岡市博多区、福岡市南区、福岡市東区
※上記以外の地域でも対応いたします。お気軽にご連絡ください。
さかもと税理士事務所メイン・サイド終了
さかもと税理士事務所サイトマップ - トップページ
さかもと税理士事務所についてご契約方法料金システム・料金表よくある質問お客様の声税理士の仕事業務提携先アクセスお問い合わせ無料小冊子お申し込みすぐわかる!3分税金講座所長ブログ