福岡の税理士はさかもと税理士事務所(税務・会計・確定申告・節税等)

〒819-0002
福岡市西区姪の浜4-22-50 クレインタートル弐番館801
地下鉄姪浜駅から徒歩2分のさかもと税理士事務所です。


トップページ さかもと税理士事務所について ご契約方法 料金表 よくある質問 お客様の声 お問い合わせ

企業組織再編税制-その9 - 税理士Web講座

»2010年9月27日 (月)

適格組織再編成の要件
(1)100%持分関係にある法人間での適格組織再編成
 
 組織再編成において、複数の当事者が100%完全支配関係にある場合には、たとえ当事者間で資産の移転があっても、その完全支配関係に実質的な変化はありませんから、このような完全支配関係にある法人間の資産の移転については、その対価として金銭等の授受がない限り、資産は帳簿価額で譲渡されたものとして譲渡損益の認識はされません。

(2)50%超100%未満の支配関係にある法人間での適格組織再編成 
 持分割合が50%超100%未満の場合には、適格組織再編成と認められるためには、移転する資産の対価として株式以外の金銭等の授受がないことの他に、次の3つの要件が必要となります。

 ①移転法人の移転事業の主要な資産及び負債が取得法人に引き継がれていること(適格分割・適格現物出資)
 ②移転法人の移転事業の従業者のおおむね80%が取得法人に引き継がれていること(適格合併・適格分割・適格現物出資)
 ③分割法人の事業が分割承継法人において引き続き営まれることが見込まれていること(移転事業継続要件)

 この50%超100%未満の支配関係は、企業再編後も継続される見込みが必要です。

 もし、再編後に50%以下の持株関係となってしまうと見込まれる場合は、適格組織再編成とは認められないこととなるので注意が必要です。

もっと詳しくお知りになりたい時は・・・福岡の税理士・坂本税理士事務所へお問合せ下さい。

税務・会計のことならおまかせ下さい!初回無料相談実施中!先ずは、お問合せ下さい!

お問合せ・ご質問は初回無料相談でお気軽に ※税務や会計に関する一般的なご質問でも結構です

さかもと税理士事務所 対応エリア一覧

福岡市早良区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市中央区、福岡市博多区、福岡市南区、福岡市東区
※上記以外の地域でも対応いたします。お気軽にご連絡ください。
さかもと税理士事務所メイン・サイド終了
さかもと税理士事務所サイトマップ - トップページ
さかもと税理士事務所についてご契約方法料金システム・料金表よくある質問お客様の声税理士の仕事業務提携先アクセスお問い合わせ無料小冊子お申し込みすぐわかる!3分税金講座所長ブログ