福岡の税理士はさかもと税理士事務所(税務・会計・確定申告・節税等)

〒819-0002
福岡市西区姪の浜4-22-50 クレインタートル弐番館801
地下鉄姪浜駅から徒歩2分のさかもと税理士事務所です。


トップページ さかもと税理士事務所について ご契約方法 料金表 よくある質問 お客様の声 お問い合わせ

法人税入門(10)-「儲け」の2つの意味 - 税理士Web講座

»2010年10月18日 (月)

 法人税が、会社の売上高から仕入代金や人件費、家賃などの費用を差し引いて計算されるということは、もう何回もお話ししました。

   売上高-(仕入高+人件費などの費用)=儲け

 ただし、この「儲け」には「会計上の儲け」と「税務上の儲け」の2つの意味があります。

「会計上の儲け」を「利益」といい、「税務上の儲け」を「所得」といいます。

   会計上の儲け=利益
   税務上の儲け=所得

ややこしいですね。なぜ、同じ「儲け」をそんなふうに2つに分けなければいけないのでしょうか?

 答えはズバリ、「法人税法」が税金を取るための法律だからです。 

 法人税法も基本的には会計上の決まりを尊重しています。「売上も費用も、先ずは、正しい会計上のルールにのっとって計算してくださいね」といった内容のことが法人税法の22条に書いてあります。

 しかし、売上も費用も、先ずは、会計上のルールにのっとって計算することを原則としつつも、そこに「特別に決めた税務上のルール以外のものは」という一言が入っています。

 これを「ベツダンノサダメ」といいます。漢字で書くと「別段の定め」。これが税務を分りにくくしている原因のひとつです。

つまり

   ①会計上の売上・費用+(-)税務上の特別ルール=税務上の売上・費用
                        ↓
   ②会計上の儲け(利益)+(-)別段の定め=税務上の儲け(所得)

となるわけです。

もっと詳しくお知りになりたい時は・・・福岡の税理士・坂本税理士事務所へお問合せ下さい。

税務・会計のことならおまかせ下さい!初回無料相談実施中!先ずは、お問合せ下さい!

お問合せ・ご質問は初回無料相談でお気軽に ※税務や会計に関する一般的なご質問でも結構です

さかもと税理士事務所 対応エリア一覧

福岡市早良区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市中央区、福岡市博多区、福岡市南区、福岡市東区
※上記以外の地域でも対応いたします。お気軽にご連絡ください。
さかもと税理士事務所メイン・サイド終了
さかもと税理士事務所サイトマップ - トップページ
さかもと税理士事務所についてご契約方法料金システム・料金表よくある質問お客様の声税理士の仕事業務提携先アクセスお問い合わせ無料小冊子お申し込みすぐわかる!3分税金講座所長ブログ