福岡の税理士はさかもと税理士事務所(税務・会計・確定申告・節税等)

〒819-0002
福岡市西区姪の浜4-22-50 クレインタートル弐番館801
地下鉄姪浜駅から徒歩2分のさかもと税理士事務所です。


トップページ さかもと税理士事務所について ご契約方法 料金表 よくある質問 お客様の声 お問い合わせ

3分税金講座(その7) 「益金」の正体とは - 税理士Web講座

»2011年2月14日 (月)

さて、昨日は会計上の利益に税務上独自の調整、つまり「加算」と「減算」を行って「所得金額」を導き出すというお話をしました。

で、そうやって税務上の「益金」と「損金」が確定するわけですけど、先ず、その「益金」っていうのは、一般的には「売上」のことです。モノであれ、サービスであれ、ともかくお金をいただいて、なにものかを提供することですね。他には、いわゆる「雑収入」なんかもそうです。あと、保険金を受け取った場合とかね。

でも、それ以外に「法人税」独自の「収益」っていうのがあって、ひとつは

無償による資産の譲渡

これタダでモノあげましたっていう場合です。

タダでモノあげて、それで「収益」って、何だかシックリきませんよね。じゃあ、なんでこれが税法では「収益」かっていうと

税法は、いったん、100万円なら100万円で、商品を相手に渡して、その後で、その100万円を相手に返したってとらえるわけです。

だから、100万円で商品を渡した時点で「売上」がたって、そのお金を相手に返した時点で、今度は「寄付金」がたつというリクツです。

で、「寄付金」って、税務上、社会福祉法人みたいなところにあげた場合を除いて、一般にはほとんど「費用」にならないんです。ここが「会計」と大きく違うところなんですね。

だから、「売上」だけが100%たって、「費用」の方はほとんど認められないと、こうなっちゃうわけです。

・・・ということで、次はまた明日。

もっと詳しくお知りになりたい時は・・・福岡の税理士・坂本税理士事務所へお問合せ下さい。

税務・会計のことならおまかせ下さい!初回無料相談実施中!先ずは、お問合せ下さい!

お問合せ・ご質問は初回無料相談でお気軽に ※税務や会計に関する一般的なご質問でも結構です

さかもと税理士事務所 対応エリア一覧

福岡市早良区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市中央区、福岡市博多区、福岡市南区、福岡市東区
※上記以外の地域でも対応いたします。お気軽にご連絡ください。
さかもと税理士事務所メイン・サイド終了
さかもと税理士事務所サイトマップ - トップページ
さかもと税理士事務所についてご契約方法料金システム・料金表よくある質問お客様の声税理士の仕事業務提携先アクセスお問い合わせ無料小冊子お申し込みすぐわかる!3分税金講座所長ブログ