福岡の税理士はさかもと税理士事務所(税務・会計・確定申告・節税等)

〒819-0002
福岡市西区姪の浜4-22-50 クレインタートル弐番館801
地下鉄姪浜駅から徒歩2分のさかもと税理士事務所です。


トップページ さかもと税理士事務所について ご契約方法 料金表 よくある質問 お客様の声 お問い合わせ

3分税金講座・番外編(その3) 宗教と税金 - 税理士Web講座

»2011年2月25日 (金)

「京都仏教会理事長で金閣寺、銀閣寺の住職も務める臨済宗相国寺派の有馬頼底(らいてい)管長(78)が、大阪国税局の税務調査を受け、業者が販売した直筆書の謝礼として得た揮毫(きごう)料を申告せず、平成21年までの5年間で2億円以上の申告漏れを指摘されていたことが16日、分かった」(産経ニュース 2011.2.17)

そうです。

宗教法人で、法人税の課税対象となるのは「収益事業」を営む場合のみ。「収益事業」って、たとえば、駐車場経営とかお墓以外の土地や建物の賃貸、参詣人への御札やおみくじ以外のキーホルダーなんかの販売のことなどをいいます。

だから、お布施だとか志納金(拝観料のこと)なんていうのは税金、かかんないわけです。

で、有馬管長は、揮毫料はその「志納金」に当ると思い、申告しなかったって言うんですね。ところが、そのお金って「宗教法人」じゃなくって、有馬管長本人のポッケ(いやこの場合、袈裟か?)に入ってたんです。

国税局は、志納金が非課税と認められるのは宗教法人に入っている場合に限られるうえに、揮毫料自体が志納金とは認められないと指摘したっていうんですけど、まぁ、どう考えたって、今回ばかりは、国税局の言い分に分がありそうです。

ということで、一句。

金閣寺 欲にかられて 金隠し(キンカクシ)

まぁ、別に金閣寺がお金隠したわけじゃないでしょうけど・・・。

もっと詳しくお知りになりたい時は・・・福岡の税理士・坂本税理士事務所へお問合せ下さい。

税務・会計のことならおまかせ下さい!初回無料相談実施中!先ずは、お問合せ下さい!

お問合せ・ご質問は初回無料相談でお気軽に ※税務や会計に関する一般的なご質問でも結構です

さかもと税理士事務所 対応エリア一覧

福岡市早良区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市中央区、福岡市博多区、福岡市南区、福岡市東区
※上記以外の地域でも対応いたします。お気軽にご連絡ください。
さかもと税理士事務所メイン・サイド終了
さかもと税理士事務所サイトマップ - トップページ
さかもと税理士事務所についてご契約方法料金システム・料金表よくある質問お客様の声税理士の仕事業務提携先アクセスお問い合わせ無料小冊子お申し込みすぐわかる!3分税金講座所長ブログ