福岡の税理士はさかもと税理士事務所(税務・会計・確定申告・節税等)

〒819-0002
福岡市西区姪の浜4-22-50 クレインタートル弐番館801
地下鉄姪浜駅から徒歩2分のさかもと税理士事務所です。


トップページ さかもと税理士事務所について ご契約方法 料金表 よくある質問 お客様の声 お問い合わせ

3分税金講座(その29) 短期前払費用の② - 税理士Web講座

»2011年3月9日 (水)

「節税対策」4つのパターンのうち

税金は繰り延べられるだけで、会社のお金が出ていく方法 

の2回目です。

で、「短期前払費用」についてなんですけど、これって

「前払費用は、原則、その事業年度の損金の額に算入されないんだけど、会社が、その支払った日から1年以内に提供を受けるサービスに対するものを支払った場合で、その支払った額を継続してその支払った事業年度の費用にあげてるときは、これを認めてあげる」

っていう規定です。

で、今度はその「前払費用」とは何ぞやという話で、これは

「一定の契約をして、継続的にサービスの提供を受けるために払った費用のうち、その事業年度終了の時に、まだ提供を受けていないサービスに対応するもの」

っていうことになってます。

ン―――、ちょっと、わかりにくい?

たとえば、事務所の家賃なんていうのがそうなんですけど、先ず、「賃貸契約」っていう契約がありますね。で、毎月、その事務所を借りて、使い続けるっていうサービスを受けるわけです。だけど、これを何か月分か前払いしたら、これから数か月の間、その「部屋を使い続ける」っていうサービスは、その支払った時点では「まだ提供を受けていない」わけですね。

これを「前払費用」っていいますけど、このうち、1年以内にサービスを受けるもので、しかも、今年たまたま払いましたっていうんじゃなくって、毎年、ずっと続けて「前払いしてます」って場合は費用に認めましょうっていう規定です。

だから、単なる「前払金」はダメなんです。

「ところで、前払金前払費用って、どう違うの?」

・・では、その違いは、また次回。

もっと詳しくお知りになりたい時は・・・福岡の税理士・坂本税理士事務所へお問合せ下さい。

税務・会計のことならおまかせ下さい!初回無料相談実施中!先ずは、お問合せ下さい!

お問合せ・ご質問は初回無料相談でお気軽に ※税務や会計に関する一般的なご質問でも結構です

さかもと税理士事務所 対応エリア一覧

福岡市早良区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市中央区、福岡市博多区、福岡市南区、福岡市東区
※上記以外の地域でも対応いたします。お気軽にご連絡ください。
さかもと税理士事務所メイン・サイド終了
さかもと税理士事務所サイトマップ - トップページ
さかもと税理士事務所についてご契約方法料金システム・料金表よくある質問お客様の声税理士の仕事業務提携先アクセスお問い合わせ無料小冊子お申し込みすぐわかる!3分税金講座所長ブログ