福岡の税理士はさかもと税理士事務所(税務・会計・確定申告・節税等)

〒819-0002
福岡市西区姪の浜4-22-50 クレインタートル弐番館801
地下鉄姪浜駅から徒歩2分のさかもと税理士事務所です。


トップページ さかもと税理士事務所について ご契約方法 料金表 よくある質問 お客様の声 お問い合わせ

3分税金講座(その33) 生命保険の話② - 税理士Web講座

»2011年3月13日 (日)

「節税対策」4つのパターンのうち

税金は繰り延べられるだけで、会社のお金が出ていく方法

から

生命保険 の2回目です。

いくら、保険料が費用に落ちるからって、いざ、「解約だぁ!」「満期だぁ!」っていう時に何の手だても打っていないと、入って来た保険金が全部収入に上がって、結局、税金でゴソッと持っていかれてしまいます。

で、こういう事態を避けるためには何をすればいいか?

ズバリ、役員退職金 です。解約返戻金が一番ピークに達する時に合わせて、たとえば、代表者にご勇退願うと。

そうすれば、保険金収入と役員退職金が相殺されて税負担はないか、まぁ、あってもごく少ない金額で済むというわけです。

ただし、保険によっては、被保険者の年齢や保険期間の設定次第で保険料が全額、費用に落ちない場合もあります。

それから、いくら退職金と相殺するといっても、税務上、役員退職金には一定の限度額があります。

ここら辺を、あらかじめ、しっかり確認したうえでやらないと、後でイタ~イ目に会います。
(>_<)

保険金も退職金も金額が大きいだけにくれぐれもご注意を!

ということで、今日はここまで。

もっと詳しくお知りになりたい時は・・・福岡の税理士・坂本税理士事務所へお問合せ下さい。
さかもと税理士事務所メイン・サイド終了
さかもと税理士事務所サイトマップ - トップページ
さかもと税理士事務所についてご契約方法料金システム・料金表よくある質問お客様の声税理士の仕事業務提携先アクセスお問い合わせ無料小冊子お申し込みすぐわかる!3分税金講座所長ブログ