福岡の税理士はさかもと税理士事務所(税務・会計・確定申告・節税等)

〒819-0002
福岡市西区姪の浜4-22-50 クレインタートル弐番館801
地下鉄姪浜駅から徒歩2分のさかもと税理士事務所です。


トップページ さかもと税理士事務所について ご契約方法 料金表 よくある質問 お客様の声 お問い合わせ

3分税金講座(その51)不良在庫② - 税理士Web講座

»2011年4月2日 (土)

「節税対策」4つのパターンのうち、その最後

税金は減って、しかも会社のお金も出ていかない方

から、在庫 を使って税金を少なくする方法です。

税務は基本的に 資産の評価損は損金(=費用)に認めない というスタンスですが、

・災害その他の事実があった場合で
・最大、「簿価」と「時価」との差額までであれば

損金に認めましょう-っていうことになってます。

で、その「災害その他の事実があった場合」っていうのは

1.その資産が災害によって著しく損傷したこと
2.その資産が著しく陳腐化したこと。
3.その他これらに準ずる特別の事実があったこと

1.の災害は、一般的には地震、台風などの自然災害のイメージがありますけど

ウィキペディアによれば

「・・・多くの場合、自然現象の変化による自然災害(天災)を指すが、人為的な原因による大きな事故(人災)も災害に含むことが多い」

となっていて、「大きな」事故であれば、人災も含むようです。

ちなみに、よく聞く「災害基本法」っていう法律でも、災害は基本的には自然災害としつつも

「放射性物質の大量の放出、多数の者の遭難を伴う船舶の沈没その他の大規模な事故とする」

としていますから、やはり、「大規模な」人災を含んでいます。

ということで 通りがかりのヨッパライが、店の商品、けっ飛ばしてこわした っていう「小規模」なのは、残念ながら、「災害によって著しく損傷したこと」にはなりません。(あたり前かぁ・・・) (^_^;)

ということで、続きはまた次回。

もっと詳しくお知りになりたい時は・・・福岡の税理士・坂本税理士事務所へお問合せ下さい。

税務・会計のことならおまかせ下さい!初回無料相談実施中!先ずは、お問合せ下さい!

お問合せ・ご質問は初回無料相談でお気軽に ※税務や会計に関する一般的なご質問でも結構です

さかもと税理士事務所 対応エリア一覧

福岡市早良区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市中央区、福岡市博多区、福岡市南区、福岡市東区
※上記以外の地域でも対応いたします。お気軽にご連絡ください。
さかもと税理士事務所メイン・サイド終了
さかもと税理士事務所サイトマップ - トップページ
さかもと税理士事務所についてご契約方法料金システム・料金表よくある質問お客様の声税理士の仕事業務提携先アクセスお問い合わせ無料小冊子お申し込みすぐわかる!3分税金講座所長ブログ