福岡の税理士はさかもと税理士事務所(税務・会計・確定申告・節税等)

〒819-0002
福岡市西区姪の浜4-22-50 クレインタートル弐番館801
地下鉄姪浜駅から徒歩2分のさかもと税理士事務所です。


トップページ さかもと税理士事務所について ご契約方法 料金表 よくある質問 お客様の声 お問い合わせ

アパート経営・事業的規模か否かの判定 - 税理士Web講座

»2010年6月28日 (月)

法人の役員が“個人事業”としてアパートやマンションを経営する例は多く見られます。

 さて、その賃貸によって得た所得は、所得税法上、「不動産所得」として課税の対象とされますが、その貸付けが“事業として行われているかどうか”は大きな問題です。なぜなら、「青色申告特別控除」(65万円又は10万円)の65万円を適用するためには、その建物の貸付けが“事業”として行われていることが条件とされるからです。

  この事業規模判定で用いられるのが、いわゆる「5棟10室基準」。独立家屋であれば、おおむね5棟以上、アパートの場合はおおむね10室以上であれば、事業的規模と判定されるというわけです。

  では、駐車場の貸付はどうなのかというと、これは5台=1室という換算がなされます。したがって、50台の駐車場であれば、50台÷5=10室となって、事業として判定されるということです。

  もちろん、これだけが絶対的な基準というわけではありません。50台以下であっても、たとえば、駐車場の整備をしているとか、料金の徴収もちゃんと行っている、といったケースでは、事業として判定される可能性は十分にあります。

 なお、不動産所得のほかに、何らかの「事業所得」がある場合、この65万円控除は、先ず、「不動産所得」から適用し、次いで、控除し切れなかった部分を「事業所得」から控除するという順序で行われます。この場合は、たとえ、「不動産所得」自体が事業的規模でなくても、65万円控除を適用することができますので、ご注意下さい。

もっと詳しくお知りになりたい時は・・・福岡の税理士・坂本税理士事務所へお問合せ下さい。

税務・会計のことならおまかせ下さい!初回無料相談実施中!先ずは、お問合せ下さい!

お問合せ・ご質問は初回無料相談でお気軽に ※税務や会計に関する一般的なご質問でも結構です

さかもと税理士事務所 対応エリア一覧

福岡市早良区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市中央区、福岡市博多区、福岡市南区、福岡市東区
※上記以外の地域でも対応いたします。お気軽にご連絡ください。
さかもと税理士事務所メイン・サイド終了
さかもと税理士事務所サイトマップ - トップページ
さかもと税理士事務所についてご契約方法料金システム・料金表よくある質問お客様の声税理士の仕事業務提携先アクセスお問い合わせ無料小冊子お申し込みすぐわかる!3分税金講座所長ブログ