福岡の税理士はさかもと税理士事務所(税務・会計・確定申告・節税等)

〒819-0002
福岡市西区姪の浜4-22-50 クレインタートル弐番館801
地下鉄姪浜駅から徒歩2分のさかもと税理士事務所です。


トップページ さかもと税理士事務所について ご契約方法 料金表 よくある質問 お客様の声 お問い合わせ

会社が上場株を持っている場合 - 税理士Web講座

»2010年7月7日 (水)

  会社が持っている上場株の価額が、当初の取得価額にくらべ大きく下落する場合があります。この場合、会社は時価と取得価額との差額を「評価損」として計上することができます。

ただし、税務上,上場株式等の評価損を計上できるのは

   ①期末時の価額が帳簿価額のおおむね50%相当額を下回り、

   ② 近い将来その価額の回復が見込まれない

という両方の要件を満たす必要があります。

  この場合、むずかしいのは②の回復可能性の判断です。この判断基準のひとつとして、「金融商品会計に関する実務指針」では

  ●株式の時価が過去2年間にわたり50%程度以上下落した状態にある場合

  ●株式の発行会社が債務超過の状態にある場合

  ●2期連続で損失を計上しており,翌期もそのように予想される場合

をあげています。

  税務上も「特段の事情のない限り」、会計上の実務指針にしたがって評価損を計上するか否かの判断をして問題なしと考えられています。

  この場合の特段の事情とは、期末直前にヒット商品や増資などがあった場合をいいます。何れにしろ、会社は回復可能性なしと判断した客観的な資料を準備しておく必要があります。

もっと詳しくお知りになりたい時は・・・福岡の税理士・坂本税理士事務所へお問合せ下さい。

税務・会計のことならおまかせ下さい!初回無料相談実施中!先ずは、お問合せ下さい!

お問合せ・ご質問は初回無料相談でお気軽に ※税務や会計に関する一般的なご質問でも結構です

さかもと税理士事務所 対応エリア一覧

福岡市早良区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市中央区、福岡市博多区、福岡市南区、福岡市東区
※上記以外の地域でも対応いたします。お気軽にご連絡ください。
さかもと税理士事務所メイン・サイド終了
さかもと税理士事務所サイトマップ - トップページ
さかもと税理士事務所についてご契約方法料金システム・料金表よくある質問お客様の声税理士の仕事業務提携先アクセスお問い合わせ無料小冊子お申し込みすぐわかる!3分税金講座所長ブログ