福岡の税理士はさかもと税理士事務所(税務・会計・確定申告・節税等)

〒819-0002
福岡市西区姪の浜4-22-50 クレインタートル弐番館801
地下鉄姪浜駅から徒歩2分のさかもと税理士事務所です。


トップページ さかもと税理士事務所について ご契約方法 料金表 よくある質問 お客様の声 お問い合わせ

使用人が役員になった場合 - 税理士Web講座

»2010年8月1日 (日)

 法人の使用人がその法人の役員となった場合に、その法人がその定める退職給与規程に基づいて、その役員に対して、その役員となった時に、使用人であった期間に係る退職給与として計算される金額を支給したときは、その支給した金額は、退職給与としてその支給した日の属する事業年度の損金の額に算入する(法人税法基本通達9-2-36)とされています。

  ただし、この場合、「打切支給には、法人が退職給与を支給したこととしてこれを未払金等に計上した場合は含まれない。」と規定されていますので、計上した退職金を実際に支給しなければ損金算入が認められないこととなります。

  退職給与とは、本来、役員又は使用人の退職に起因して一時に支払われる臨時的な給与をいい、原則的には退職の事実がない場合は認められていません。

  しかし、退職の事実がない場合であっても、退職に準ずる事実が生じた場合や、その支給することについて相当の理由がある場合には、その実質からみて退職給与として取扱うことが実情に即しているとの考えから、使用人から役員への“昇格”をもって退職と見ようというのがこの通達の趣旨でもあるわけです。

  したがって、資金繰りの都合などでやむなく短期間その支給が遅れるといった場合を除き、現実に金銭の支給が行われない場合は、この税務上の特例的な損金算入の規定は適用が認められないこととなりますのでご注意ください。

もっと詳しくお知りになりたい時は・・・福岡の税理士・坂本税理士事務所へお問合せ下さい。

税務・会計のことならおまかせ下さい!初回無料相談実施中!先ずは、お問合せ下さい!

お問合せ・ご質問は初回無料相談でお気軽に ※税務や会計に関する一般的なご質問でも結構です

さかもと税理士事務所 対応エリア一覧

福岡市早良区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市中央区、福岡市博多区、福岡市南区、福岡市東区
※上記以外の地域でも対応いたします。お気軽にご連絡ください。
さかもと税理士事務所メイン・サイド終了
さかもと税理士事務所サイトマップ - トップページ
さかもと税理士事務所についてご契約方法料金システム・料金表よくある質問お客様の声税理士の仕事業務提携先アクセスお問い合わせ無料小冊子お申し込みすぐわかる!3分税金講座所長ブログ